スタッフブログ

  • 2016.12.10
  • 従業員ブログリレー

桂川サイクリングロードその2

前回(’15.8)のブログで、嵐山~木津サイクリングを予告したTと申します。宣言通り、木津八幡自転車道の終点、泉大橋まで行ってまいりました。
なお嵐山~と申しましたが出発点は当ホテルに変更いたしております。

それではレッツサイクリング!


当ホテルの北側にございます八条通りをひたすら西に進みますと桂大橋があります。ここから桂川サイクリングロードに乗ります。

桂川サイクリングロードその2



サイクリングの魅力は景色を楽しみながら走ることだと思います。それとともに考え事をしたり無心になったり、たわいもないことを自問自答したりしながら「少なくとも今は自由なんだ!」という解放感を味わうことだと思います。

同じような景色が続きますが不思議と見飽きません。なぜでしょうか?

 

桂川サイクリングロードその2


御幸橋(ごこうばし)という橋を渡る途中、右側に「背割堤(せわりてい)」という堤防が見えます。この堤防に約1.4kmに渡って続く桜並木は圧巻であり、京都でも屈指の桜の名所です。その素晴らしさはぜひ、ご自身の目でお確かめください。


こちらは、この自転車道最大のスター、上津屋橋(こうづやばし)通称:流れ橋です。時代劇のロケによく使われるそ う です。

渡り切ったところで夕陽をバックに一枚。


 

桂川サイクリングロードその2


なおこの近くに「四季菜館」という施設があります。食事や入浴が可能な他、農産物の直売も行っています。お昼にここに到着するのが理想的ではないでしょうか?



流れ橋でゆっくりしすぎたせいで、真っ暗闇の中18時に終点の泉大橋に到着です。この暗闇の中、どうやって京都まで帰るのか?

答えは輪行(電車等に自転車を載せてゆくこと)です。私の自転車は折りたたむことができるのでそれが可能なのです。

そういうわけで最寄り駅の木津から京都まで電車で帰りました。
ですのでレンタサイクルをご利用の方はお早めに出発なさるか、流れ橋あたりでUターンなさるのがよいかと思います。

また道中、いくつか道に迷いそうなポイントがあります(この日ではありませんが私も一度道を間違えて枚方まで行ってしまいました。)
いらっしゃる前に下調べをなさった方がよいかと思います。




 

桂川サイクリングロードその2

京都はサイクリングにとても適したところです。
京都へお越しの際は自転車での散策を選択肢の一つに考えてみてはいかがでしょうか?

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

担当:T

このページのTOPへ

CLOSE X

エルイン京都 EL INN KYOTO

075-672-1100
CLOSE X