宿泊約款

宿泊約款

(本約款の適用)

第1条 当ホテルの締結する宿泊約款およびこれに関連する契約は、この約款に定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令または慣習によるものとします。

2 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令および慣習に反しない範囲で特約に応じることができます。

(宿泊契約の申込み)

第2条 当ホテルに宿泊契約の申込みをしようとする者は、次の事項を当ホテルに申し出ていただきます。

  1. (1)宿泊者名
  2. (2)宿泊日及び到着予定時刻
  3. (3)その他当ホテルが必要と認める事項

(宿泊契約の解除)

第3条 当ホテルは、宿泊予約の申込者が、宿泊予約の全部または一部をキャンセルしたときは、次に掲げるところによりキャンセル料を申し受けます。

キャンセル料 申し受け規定

  1. (1)一般客
  2. 予約のキャンセルの連絡無しに不泊であった場合、宿泊者1人につき、宿泊料金の100%。
  3. (2)団体客(ペイイングメンバー10名様以上のものをいう)
  4. 1.宿泊日の9日前の日から宿泊日の2日前の日までに解除した場合の宿泊者1人につき、宿泊料金の10%。
  5. 2.宿泊日の前日に解除した場合、宿泊者1人につき、宿泊料金の20%。
  6. 3.宿泊日当日に解除した場合、宿泊者1人につき、宿泊料金の80%。
  7. 4.予約のキャンセルの連絡無しに不泊であった場合、宿泊者1人につき、宿泊料金の100%。

※ 団体のご予約につきましては、ご宿泊人数・ご宿泊日数によりキャンセル料が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

当ホテルは、宿泊者が連絡をしないで、宿泊日当日の午後9時(あらかじめ予約到着時刻の明示されている場合は、その時刻を2時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊予約は申込者によりキャンセルされたものとみなし、処理する事があります。

前項の規定により、キャンセルされたものとみなした場合において、宿泊者がその連絡をしないで到着しなかったことが、列車、航空機等、公共の運輸機関の不着または遅延、その他宿泊者の責に帰さない理由によるものであることが証明されたときは、規定のキャンセル料はいただきません。

(宿泊の登録)

第4条 宿泊者は、宿泊日当日、当ホテルのフロントにおいて、次の事項を当ホテルに登録してください。

  1. (1)宿泊者の、住所、氏名、性別、国籍、および職業。
  2. (2)外国人にあっては、旅券番号およびパスポートコピー、日本上陸地および上陸年月日
  3. (3)出発日および時刻
  4. (4)その他、当ホテルが必要と認めた事項

(料金の支払い)

第5条 料金の支払いは、前払い制といたします。但し、当ホテルが認めたものに関してはこの限りではありません。

2 宿泊者が客室の使用を開始したのち任意に宿泊しなかった場合においても宿泊料金は申し受けます。

(利用規則の遵守)

第6条 宿泊者は、当ホテル内において当ホテルが定めた利用規則に従っていただきます。

(宿泊引受け・宿泊継続の拒否)

第7条 当ホテルは次の場合には、宿泊をお断りすることがあります。

  1. (1)前条の利用規則に従わないとき。
  2. (2)宿泊の申し込みが、この約款によらないものであるとき。
  3. (3)満室 (員) により客室の余裕がないとき。
  4. (4)宿泊者が宿泊に関し、法令の規定または公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
  5. (5)宿泊者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
  6. (6)宿泊に関し特別の負担を求められたとき。
  7. (7)天災、施設の故障、その他やむを得ない理由により宿泊させることが出来ないとき。
  8. (8)宿泊者が、泥酔等で、他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  9. (9)宿泊者が宿泊に関し、暴力団、暴力団員、暴力団関係団体、又は関係者その他の反社会的勢力であるということが判明したとき。
  10. (10)宿泊者が宿泊に関し、暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるということが判明したとき。
  11. (11)宿泊者が宿泊に関し、暴力団員である役員が就任している法人であるということが判明したとき。
  12. (12)当ホテル若しくは当ホテル従業員に対し、暴力的要求行為を行い、又は合理的範囲を超える要求をしたとき。

(チェックアウトタイム)

第8条 宿泊者が、当ホテルの客室をおあけいただく時刻 (チェックアウトタイム) は、午前10時とします。

2 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、チェックアウトタイムをこえて客室の使用に応ずる場合があります。この場合には、次に掲げるとおりの追加料金を申し受けます。

追加料金
午後1時まで…1泊室料金の30%

(当ホテルの責任)

第9条 宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、またはそれらの不履行により宿泊客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。
ただし、それが当ホテルの責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。

(寄託物等の取扱い)

第10条 宿泊客がフロントにお預けになった物品又は現金並びに貴重品について、滅失、毀損等の損害が生じたときは、それが、不可抗力である場合を除き、当ホテルは、その損害を賠償いたします。
ただし、現金及び貴重品については、当ホテルがその種類及び価格の明告を求めた場合であって、宿泊客がそれを行わなかった時は、当ホテルは金15万円を限度としてその損害を賠償いたします。

            

2 宿泊客が、当ホテル内にお持込みになった物品又は現金並びに貴重品であってフロントにお預けにならなかったものについて、当ホテルの故意又は過失により減失、毀損等の損害が生じたときは、当ホテルは、その損害を賠償いたします。
ただし、宿泊客からあらかじめ種類及び価格の明告のなかったものについては、当ホテルに故意又は重大な過失がある場合を除き、15万円を限度として当ホテルはその損害を賠償いたします。

(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管)

第11条 宿泊客の手荷物が、宿泊に先立って当ホテルに到着した場合は、その到着前に当ホテルが了解した時に限って責任をもって保管し、宿泊客がフロントにおいてチェックインする際お渡しいたします。

            

2 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当ホテルに置き忘れられていた場合において、所有者の指示が無い場合または所有者が判明しないときは、発見日を含め7日間保管し、その後法令の定める手続きを取らせて頂きます。

(駐車の責任)

第12条 宿泊客が当ホテルの駐車場をご利用になる場合、車輌のキーの寄託の如何にかかわらず、当ホテルは場所をお貸しするものであって、車輌の管理責任まで負うものではありません。ただし、駐車場の管理に当たり、当ホテルの故意又は過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに任じます。

(宿泊客の責任)

第13条 宿泊客の故意又は過失により当ホテルが損害を被ったときは、当該宿泊客は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。

預り品規定

1. お預かり期間

(1)お預かり期間は、当ホテルがお預かり品をお預かりした日からお受け取りご指定日までとします。

(2)お受け取りご指定日は、当ホテルがお預かり品をお預かりした日から1ヵ月以内に限ります。

(3)お受け取り日のご指定がない場合は、お預かり期間はお預かりの日から1ヵ月間とします。

2. お預かり品

危険物、腐敗あるいは破損しやすいもの、動植物、虫害を受けやすい羊毛、毛皮製品等はお預かりできません。

3. お受取人

お預かり品のお受取人は、お預けのご依頼人又はその方がお受取人としてご指定された第三者とします。

4. お受取人の確認

お受取人又は権限を与えられた第三者は、お預かり品のお受け取りを請求なされる際、当ホテルの係の者にお預かり証をご提示ください。
お受取人がお預けのご依頼人によって指定された第三者の場合は、お預かり証のご提示は不要ですが、正当なお受取人であることを示すもののご提示を求める事があります。
係員は相当の注意をもってお受取人の同一性を確認し、お預かり品をお返しします。この場合、当ホテルはお預かり品に対して責任を免れるものとします。

5. 損害の賠償

(1)お預かり品の紛失、毀損、変質、その他一般に不可抗力とされている事由による損害に対しては、当ホテルはその責任を負いません。

(2)預かり品の毀損、変質、その他ご依頼人の責めに帰すべき理由により当ホテル又は第三者が損害を受けたときは、その損害を賠償してください。

6. お預かり品処分

(1)お預かり期間終了後1週間以内に預り品のお受け取りが無い場合は、当ホテルはお預かり品を別途通常管理をし、一般的に適当と認められる方法、時間、価格等により処分する事ができるものとします。かかる処分が困難な場合、当ホテルは当該お預かり品を廃棄することができるものとします。

(2)前項の処分に要する費用はご依頼人の負担とします。ただし、処分によって得られた代金は、処分の費用に充当することができるものとします。

7. 緊急措置

(1)当ホテルは次のような事態が生じたときは、臨機の措置をとることができるものとします。

  1. (a)司法機関の要求によりお預かり品の開披を求められたとき、または
  2. (b)火災、お預かり品の異変、その他緊急を要する事態

(2)上記のいずれかの事態が発生した場合、当ホテルはお預かり品に生じた損害について何らの責任も負いません。

8. 管轄及び準拠法

本約款に関して生じる一切の紛争については、当ホテルの所在地を管轄する日本の裁判所において、日本の法令に従い解決されるものとします。

このページのTOPへ
CLOSE X

エルイン京都 EL INN KYOTO

075-672-1100
CLOSE X